地域の繋がり

二十村郷盆踊りが盛大に行われました

先日、荒谷集落で行われた二十村郷盆踊りの反省会。

10603617_938528056164312_9126014575674575468_n
川口の荒谷、木沢、山古志の梶金、小千谷の塩谷と4つの集落の役員の方々が顔を合わせました。

P8300212
かつて、山あいに点在する20余の集落を「二十村」としたことから由来し、震災から復興を通じて交流が再開されたことから7年ほど前から共同で盆踊りを行っています。

集落ごとに異なる法被。

P8300206

P8300207
おちゃめなポーズをとってくださったのは荒谷の活動団体「はぁ~とふる荒谷塾」の清一さん。

P8300216

P8300217
こちらは木沢の「フレンドシップ木沢」のおふたり。すばらしい節回しの声を聞かせてくれました。

P8300218

P8300228
山古志の方のいなせな姿。衣装は自前だそうで

集落の法被はコチラ

P8300219
濃紺に梶金の文字が素敵です。

P8300221
勇ましい龍は塩谷の方。

P8300226
お馴染みの祭はんてんは

P8300225
川口地域の新旧インターン生のふたり。
昨年度のインターン生・高橋要さんはなんと京都から駆けつけてくれました。
そして今年のインターン生・笹川希望さんとツーショットです。

P8300282

P8300333
独特の節回しの太鼓に合わせて、100人以上の方々の踊りの輪が絶えない夜でした。

かつて集落に住んでいたお年寄りが孫に連れられて、また、集落で育った若い世代が盆踊りに合わせて子どもを連れて里帰りして参加したり、3世代、4世代で参加する姿が多く見られました。

地域の繋がりの強さをあらためて感じられる盆踊りでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加