震央ハイク

はじまりの地で

11年前に発生した中越地震の震央(震源地の真上)は中越メモリアル回廊のひとつ「震央メモリアルパーク はじまりの公園」として整備されています。

PA230012
今年も木沢集落から約3km、震央に向かって歩く「震央ハイク」が川口中学生や地域の方々が参加して行なわれました。

PA230019
中学生たちは川口地域の復興のシンボルフラワーとなっているヤナギバヒマワリの苗をを持って歩いています。

「輝かしい未来」「いつも君のそばにいるよ」という花言葉を持つヤナギバヒマワリ。

PA230074
全国から寄せられた支援への感謝や復興、そして復興への願いを込めて中学生の手でメモリアルパーク内の展望台や遊歩道に植えられました。

そして3年生は
IMG_1370
未来に向けたメッセージを残しました。

震央地の耕作者星野秀雄さんは
PA230032
中越地震の経験と記憶を次の世代にも語り継ぎ、この地震から得た人とのつながりを大切にして欲しいとこれからの地域を担う中学生に向けて話されました。

この震央メモリアルパークは積雪時期を除き、いつでも見学ができます。

11月1日(日)には地元ガイドと歩く
第2回川口健康ウォーキング~震災11周年震央地まで歩き震央米を食べよう~が行われます。
震央地で採れたお米「震央米」の昼食と新米の「震央米」のお土産付きです。
お問い合わせ・お申し込みは
川口運動公園 0258-89-4171

色づいた山々を眺めながら、爽やかな1日になると思います。

記)佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加