「中学生の主張」 総合学習発表会@川口中学校

川口サテライトでは、暮らしサポート越後川口さん、道の駅あぐりの里さんと共同で、

中学生と川口の地域をあらためて学び、未来を考える総合学習に参加させてもらっています。

今回はその発表会ということで、みなさんの学習の成果が報告されました。

DSC09555

まずは、川口について中学生のみんなはどう思っている?というところから出発。

川口の良いところや、もったいないところ、生活のなかで感じる疑問など、

中学生のリアルな視点から学習のテーマを探ってゆきます。

DSC09549DSC09550

そこから観光、農作業、農産物プロデュース、ボランティアの4つの班に分かれ、

地域の方からお話をうかがったり、中学生自身で調べ意見を出し合ったりして学習を進め、

それぞれの班がオリジナリティーあふれるアイディアを提案しました。

DSC09562DSC09556

なかでも、川口では “マコモダケ” というイネ科の作物が育てられているのですが、

そのおいしい利用法を考えた班では「マコモうどん」や「マコモドーナツ」、

「マコモアイス」といった今までにない特産商品をめざし、試行錯誤を重ねていました。

DSC09571DSC09577

また、ある班は福祉の観点から、川口のお年寄りが健康で楽しく暮らしてゆけるようにと、

ご当地体操を考案してくれました。その名も「かわぐっち体操」!

なにやら楽しそうな雰囲気を嗅ぎつけてきたのか、

川口地域の公認キャラクター・かわぐっちも、どこからともなくやってきました。

DSC09584

著作権の関係で(笑)BGMはおなじみの「川口小唄」というかなり斬新な体操に、

自然と川口で生まれ育った体が反応します。最後には会場全体で一緒に「かわぐっち体操」!

DSC09590

短い手足を必死に伸ばして体操する、かわぐっちのかわいらしい姿もあってか、

発表会に足を運んだ地域の方々にも、体操を楽しんでもらえたようです。

DSC09593

このほかにも、ネットを活用した川口の情報発信や地域の若者もお年寄りも集まれるカフェのアイディアなど、

どの班も中学生だからこその発想で、自分たちの川口の未来を考えた発表をしてくれました。

このなかのアイディアからひとつでもふたつでも、形にして行けないものだろうかと、期待がふくらみます。

DSC09597

こうして、中学生たちの川口への思いを2頭身の体全体で受け止めたかわぐっちは、

川口っ子の「自主・信愛・剛健」の姿に身も心もぽかぽかになって、またどこかへと帰ってゆくのでした。

記)佐藤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加