本を通しての交流イベント

一箱古本市が川口きずな館で開催されます

一箱古本市とは
東京の古書店街「不忍ブックストーリート」発祥の、その日限りの古本屋さんになれるブックイベントです。

出店者がミカン箱程度の大きさの「箱」(段ボールやカバン)のなかに 
好きな本、人におすすめしたいとっておきの本、本に関する雑貨や小物などをつめて持ち寄ります。

P1270003
食べるの大好き、料理好きならこんな感じになるのでしょうか…

P1270002
アウトドア、サバイバル派ならこんなラインナップで…

というぐあいに、とっておきの本を通して交流が楽しめます。

一箱に店主の人柄や趣味がぎゅぎゅっとつまった、個性豊かな箱が並びます。
新しい一冊との出会いになるかもしれません。

一箱古本市@川口きずな館
日時 2月11日(土)・12日(日)10時~16時30分
会場 川口きずな館

出店申し込み・問合せは新潟県中越図書委員会(仮)

記)佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加