女王さま

今年のピークは早いぞ!!

この時期の会話の中心は山菜。
「フキノトウはもう何回も食べた」
「柏崎のほうではもう木の芽が採れているらしい」
「今年はもうカタクリが満開になっているぞ」

などなど顔を合わせると皆さん山菜の情報交換。

で、この週末、我が家の裏山をお散歩。

KIMG0674
日の当たる場所に愛らしくカタクリが咲いています。

ふっと横を見ると

KIMG0681
山菜の王さまと呼ばれるタラの芽が…

王さまがでてるなら、女王さまもと目を上のほうに移して散策を続けると…

木に絡みつく若葉の間からひょいっと伸びている新芽があるではないですか。

一般的に木の芽というと山椒の葉をいいますが
新潟、特に中越地方では三つ葉アケビの新芽を木の芽と呼びます。
独特のほろ苦さが好まれ、山菜の女王と呼ばれています。

KIMG0682
30分ほどでひとつかみ分、今晩のおかずにひと鉢分はあるかと思います。

KIMG0686
残雪から顔をのぞかせたばかりのフキノトウもいくつかいただいて

早速、下ごしらえ。

KIMG0688
量が少ないので木の芽もタラの芽もフキノトウも一緒にゆがいて、水に取ります。

家人は山スキーを楽しみにお出かけなので、初物はひとりじめ。
木の芽は卵の黄身といっしょに巣篭りのお浸しで、タラの芽とフキノトウは汁ものにして、春の香りを楽しみました。

さて新年度が始まって1週間
この春も川口サテライトは川口支所の2階に事務所を設けさせていただいています。

春日、佐々木、そして時々佐藤という顔ぶれです。
今年度もよろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加