恐るべし川口の地場産野菜

フレンチに、イタリアンに、南インド料理に…

古民家を会場に「食」に関するイベントが続きました。
いずれも使われる食材は主に川口産のものです。

特に野菜は道の駅 あぐりの里さんや、あぐりの里に出荷している生産者さんのご協力もあり

KIMG1901
新鮮な野菜が揃いました。

プロの料理人の手にかかれば

DSCN8709
根菜をメインにしたバーニャカウダや

KIMG1896
スパイスをきかせた南インドのミールス(定食)に。

DSCN8722
こちらはなんとエノキやナメコ、食用菊のおもいのほかに柿から作られた酢「柿酢」のジュレをかけた前菜。

普段見慣れた野菜たちが大変身です。

調理をされたシェフたちも川口の野菜は「みずみずしい」「野菜本来の甘みやうま味がある」「エグミやアクが少ない」など大絶賛でした。

記)佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加