15年目の10.23

あの日から15年

川口きずな館前 お手植え会場で行われた「10.23追悼式典」。

DSCN8040  DSCN8046
磯田市長の挨拶の後、市長とこれからの川口を支える中学生が一緒にメッセージキャンドルを灯す作業を行いました。

中学生たちはこの後、ステージで未来へのメッセージを力強く発表してくれました。

DSCN8084
市長と灯したキャンドルには多くの方から受けた支援への感謝と、これからの希望が託されています。

希望といえば

DSCN8013  DSCN8016
希望の風船の打ち上げ。
青空にすい込まれるように放たれました。

実はこの日、中学生たちは大活躍の日でもありました。

DSCN7859 DSCN7887
全校生徒が参加しての「震央遠足」。学校から震央地にいちばん近い木沢集落まで歩いていきます。
途中、川口きずな館に立ち寄って5年後の自分に向けて書いた手紙を投函。

DSCN7932 DSCN7936
お天気に恵まれたのは良かったのですが、川口きずな館から木沢集落に向かう坂道はかなりしんどかったようです。

その後
DSCN7987 DSCN7974
震央では全校生徒で記念撮影をしたり、3年生は毎年恒例のメッセージのかかれた木札を下げました。

中学生にとっては長い1日になったと思いますが、15年目のこの日がひとりひとりの思い出となったことと思います。

DSCN8006

記)佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加