急遽 ちまき作り教室

出勤の時、駐車所で呼び止められ…

軽トラの荷台から渡されたのが袋にいっぱいに入った笹の葉。

「はい、ちまき用の笹、これでいい?」

数日前に、「そろそろ笹、採りに行かなきゃね」と話していたのを地域の方が覚えていて
朝仕事で採りに行ってくださったそうです。

笹は一年中青々としていますが
ちまきや、笹だんご、笹もちなどに使う笹は、その年に出る若葉、新芽を使います。
新芽は香りがよく、青々としていて、やわらかいく扱いやすいこともあります。
また時期を逃すと虫がつくこともあり、笹採りはこの時期がベストシーズンなんです。

で、いただいた笹の葉を給湯室をお借りして洗っていると
「うちにもち米あるし、ちまき作り、できるね」
ということでお昼休みに

DSCN9703 DSCN9705
急遽、ちまき作り教室がはじまりました。

しかし、ちまきを結ぶ「すげ」が準備できません。
すげは下準備に一晩ほど水につけておかなければならないので
梱包用のひもをほどいて代用しました。

DSCN9708
見た目はちょっと…ですが
笹の新鮮さ、青さが目にまぶしい!!ちまきが34個ほどできました。

翌朝、出勤したら
「ちまき、ゆでてきたよ、あと水切りしてね」

DSCN9724
事務所でコートハンガーに午前中いっぱい吊るして

DSCN9752
お昼においしくいただきました。

もち米を笹で包むだけのシンプルな三角ちまき、

DSCN9730 DSCN9734
上手な人が包むと角がピンとしていて美しい。
初心者は…ご覧の通り包み切れずもち米が見えています。
しかも角もなく、ふたにした笹もほどけています。

なかなか奥が深いちまき作りでした。

記)佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加