雑草と獣との闘いです

この春から地域の方から畑をお借りしています。

KIMG5380
元々棚田だったところ、田んぼを畑にしていたところです。
4月中旬にあまり手のかからないジャガイモ、サツマイモをまず植えました。

この畑、「道の駅 あぐりの里」の生産者でもあるおばあちゃんがしていたのですが
ご自宅の周辺にも大きな畑があります。
自宅から400~500mほど離れた場所にあるこの畑、お歳ということもあり、手がまわらなくなるということで
ご家族の方からサテライトに声をかけていただきました。

きずな館にも近い場所にあるこの畑、きずな館のスタッフも巻き込んで
夏野菜も収穫したいよね、っと欲張ってトマトとナス、そしてコンパニオンプランツであるバジルなどのハーブも植えました。

KIMG5639  KIMG5640
5月末にジャガイモの土寄せをしたまではよかったのですが

6月に入ると雨も続き、雑草は伸び放題、トマトはご覧と通り脇芽も伸びてジャングル状態となりました。

トマトは

KIMG5641 KIMG5644
脇芽かき、下葉かきをし、誘引作業をしたらすっきりしたのですが

熟した実を食べにくる獣が…

バジルに関しては

KIMG5654 KIMG5650
葉を食べるだけではなく、根っこから引き抜くありさま…

おばあちゃん曰く、足跡からみてハクビシンじゃないかな、とのことです。

バジルはこれから適宜、摘芯をしていかないと花が咲き固くなってしまいます。
トマトもナスもまめに手を入れ、下葉かきなどをして風通しをよくし、実に陽が当たるようにしなければなりません。
また、食べ頃になれば獣に先を越されないよう収穫のタイミングをはからねば…
もちろん雨ごとに元気を増す雑草もなんとかしなければ…

畑はまめに管理しなければいけないということがこの短期間でよ~くわかりました。

中間山間地域の耕作放棄地が増えるのもわかる気がします。
畑は日々の手入れが必要なこと、有害鳥獣のこと
自分でやってみて、ほんの少しですがその大変さを実感しています。

記)佐々木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加