生ハムとゆるきゃら

越後川口生ハム塾に人気ゆるきゃらが参加

自分の生ハムを自分で仕込む「越後川口生ハム塾」。
新潟を代表するゆるきゃらのレルヒさん、柏崎からはえちゴン、
そして川口のかわぐっちが生ハムの仕込みを体験しました。

DSCN1233
血抜きをして、塩をぬりこむ作業ではレルヒさんが大活躍。

DSCN1197
生ハムのカットにも挑戦。

DSCN1247
生ハムだけではなくソーセージやパテなどにも興味をもった3人は、専門書でちょこっとお勉強。

越後川口生ハム塾では、生ハムを雪で仕上げるんだよ、と伝えたら
何を勘違いしたのか

DSCN1287
生ハムを持って雪の中に…

違うんですよ
越後川口生ハム塾で使う雪は「雪室」。雪の「チカラ」で熟成させる生ハムです。

1年6ヶ月ほどかけてゆっくり、じっくり熟成させます。
完成までお楽しみに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加