シャッターアート「木沢の四季」が完成しました

2011年から始まった木沢集落の「木沢シャッターアートプロジェクト」。

車庫のシャッターに木沢の四季を描き、木沢の主要道路を彩り、地域を活性化しようという活動のひとつです。

2011年に「木沢の夏」、翌年には「木沢の春」「木沢の冬」を作成しました。

そしてこの8月に「木沢の秋」の制作となりました。

原画を担当したのは長岡大学の学生・小倉美樹さん。

シャッターの錆びおとしから、夜に原画をプロジェクターで投影しての下絵、そして色塗り…。4日間かけての集落の人と長岡大学、新潟大学の学生が一緒になっての作業です。

途中雨で作業が中断することもありましたが、
みんな真剣な表情です。

そして完成したのがこちら。

テーマは「稲香る秋茜舞う木沢」。

朝夕はすっかり涼しくなり、秋の気配を感じるようになった木沢集落でひと足早く、「収穫の秋」をご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ