ダンブクロ

プロのいでたち

先日、木沢集落の山菜採り名人の山に入る時の装いをご紹介しましたが

着用していた丈の長いちゃんちゃんこのような着物は「ダンブクロ」というもので

山の名人たちの基本の入山スタイルだそうです。


まず、腰のあたりで着物を結び、


袖を通せば完成。
採った山菜を脇のところから背中に入れていきます。

荒谷集落の山菜採り名人のお宅で


ダンブクロに包まれた大量のワラビに遭遇しました。

あまりの量で風呂敷のように包んで山を下りてきたそうです。


このワラビ、荒谷の山菜料理の達人である母ちゃん・ミヨさんによって塩漬けになります。


川口の山に入れば、フジの花が盛りを迎えています。

フジが咲くころ山で出始めるのは「タケノコ」。


一般的にタケノコとして知られているのはモウソウチクですが、山のタケノコはネマガリタケです。
1本1本は細いのですが味は…

最高です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ