小正月の行事~どんど焼き

小正月には、小国のあちらこちらで『どんど焼き』の風景を見ることができます。

066 (2)

今年もたくさんの集落でこの行事が行われましたが、その時の様子をちょこっとご紹介しますね。

こちらは八王子集落。どんど焼きのさいの神に、『へのへのもへじ』の顔がついていますね。

010 (2)

007 (2)

火を点けるのは年男・年女のみなさん。新しい竹を使っているので、パチパチと威勢よくはじける音がします。この日は風もなく、どんど焼き日和(…そんな言葉があったかしら)。

020 (2)

026 (2)

030 (2)

おきになったところで、お餅やするめを焼いて…

035 (2)

037 (2)

038 (2)

手に持っている黒い棒は、松の枝。「昔っから、これを玄関に飾っておくと、難を逃れるって言うんだよ。」と教えてもらいました。

042 (2)

この日は、どんど焼きが終わってからのお楽しみが。この集落に通っていろいろと勉強をしている植本さんが、ふるさと香川のお雑煮をふるまってくれました。

052 (2)

044 (2)

香川のお雑煮は、あんこ餅(!)に白みそ仕立てというもの。中に入る金時にんじんと大根は、お餅同様丸くするのがならいですが、これは何事も丸く収まりますように…という願いが込められていると、教えてもらいました。

049 (2)

初めていただくので興味津々。そのお味は…「おいしい~♪」白みそが少し甘めなのか、あんこ餅によく合い、全体に味がやわらかく感じました。小国の中でも、香川のお雑煮をいただいた人は少ないはず!めったにいただけないものを、大変ごちそうさまでした。

047 (2)

ところで、『どんど焼き』のやり方は、集落によって昔からの習わしがいろいろとあるようです。こちらは桐沢の『どんど焼き』ですが、かまくら(?)の中に納まっているのは『道楽神(どうらくじん)』と呼ばれている男女の神様。まずこの神様にお参りし、無病息災・五穀豊穣をお祈りするのだと聞きました。(最後はお焚き上げするそうです。)また、この集落では、どんど焼きの柱に”ナラ”の木を使うそうで、「昔、小正月の朝は、どの家でも囲炉裏でナラの木を燃やした。」とも教えてもらいましたよ。

055 (2)

059 (2)

それぞれの集落で違いはあっても、「どうかみんなが無事にすごせますように。」「どうか実りの多い年でありますように。」という昔からの願いは一緒。今年も穏やかな年でありますように…。

(報告者  佐々木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加