おぐに森林公園活用プラン検討会

今年度、長岡市では合併10周年を記念して「地域の宝磨き上げ事業」を実施しています。

小国地域の宝に選ばれたのは「おぐに森林公園」これをどのように磨き上げるかが今年度の大きな仕事です。

その一環で、5月2日に「おぐに森林公園」で 小国地域の宝磨き上げ事業 森林活用プラン検討会が行われました。

今回は検討会メンバーに加えて、長岡造形大学の学生さんに来ていただき、この森林公園の活用方法を考えてもらいました。

009

本日の工程について、検討会の座長を務めてくださっている長岡造形大学の澤田先生から本日の説明がありました。

今日は検討会メンバーと学生が数名ずつチームに分かれ、森林公園を体感し、活用プランを考えます。

当初10名ぐらい?と予想していた学生さんは、最終的には38名となりました。

まずはオプスタワーを見学。もともとは最上階にレストランがあったそう、バブル期の遺産?と言われてしまいますが、現在はコンクリートの壁面に自然の染料で染めた和紙を貼り、現代建築と和紙の融合する美しさを実現する「紙の美術博物館」となっています。

025  011  024

中には、折り紙アート、リース、竹細工などの小国の匠たちの作品もあり、学生の皆さんは興味津々でした。

コナラの葉が開き始めたこの季節、私はこの淡い緑色が何とも言えず好きですが、皆さんの目にはどう映ったでしょう?

当日は5月上旬とは思えない暑さ、公園内を歩いたのは午前中の1時間半程度だったにもかかわらず、結構ばててしまいました。

032

管理棟そばのやすらぎの森

037

森林公園名物?つり橋

IMG_1919

野外ステージ

お昼はみんなでバーベキュー。これでチームのメンバー同士がより親しくなれたはずです。

038

午後からは、ワークショップです。

チームごとに気づいたことを書き出し、今後どのようにしていけばいいかを検討しました。

地元の人間にはない新鮮な意見がたくさん・・耳の痛い指摘も少々・・

082   077

最期はチームごとに検討結果を発表しました。

103

・古くなってしまったトリムコースはそのまま「探検」や「肝試し」で使っては?

・植樹や花の植栽など来た人が足跡を残せるような企画を実施してみては?

・「出会いの森」として情報発信してみては?    などなど、たくさんのアイディアを出していただきました。

そして、長瀬先生のゼミでは、7月に開催予定の「オー!グリーンマーケット」の開催に合わせて、今練っている企画を実施してくれるとか。。。。楽しみですね。

みなさん、一日お疲れ様でした。またのお越しをお待ちしています。

IMG_1928

  • このエントリーをはてなブックマークに追加