おぐにカンパニー企画部活動 第6回

6月25日は、小国中学の「おぐにカンパニー企画部」の第6回目の活動日でした。

今週は前回まとめた「猿橋集落のいいところ、悪いところ」をふまえ、「猿橋の未来を考えてみよう!」とのテーマで進みます。

ただその前にもうひとつ、7月9日には猿橋集落の皆さんの前で、今まで自分たちが検討してきたことを発表します。

知らない大人たちの前での発表会、どんな風に進めればいいのかのイメージをつかんでもらうため、先輩方の発表会の様子をスライドで見てもらいました。

002 (640x480)

いつの間にか発表会まではあと1回と迫ってきているので、ちょっと焦ったかもしれませんね。

今日の作業は、

1.10年後”猿橋”はどうなっているかを予想し、書き出す。

004 (640x480)

2.そこから想像を膨らませて、自分たちが住みたくなるような未来の猿橋を白地図に描く。

3.班ごとに発表する

でした。大人の私たちでさえ10年後の集落はどうなってるか、なんて考えることはほとんどありません。まして、どんな集落なら自分が住み続けたいと思うか、なんて・・・。

はじめはちょっと戸惑っていましたが、次第にたくさんのアイディアが出てきました。

自然や農業を目玉にした体験イベント、お年寄りの方たちが買い物に困らないように昔ながらの雑貨屋(今風のおしゃれな雑貨屋ではなく、なんでも(食料品も日用品も)おいてあるお店のことです。)を作る、ウォーキングロードを作って健康な集落になるようにする、”さる御籤”を作る、新幹線を通す!などなど。

広(18) (640x480)  010 (640x480)

来週は、この未来から今自分たちができることを具体的に計画していきます。

 報告者:廣橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加