宇宙生命体オグニーあ・ら・わ・る!

8月29日(土)新潟県長岡市おぐに森林公園のバンガローで宇宙生命体オグニーが”参加型イベント”を開催してくれたので、さっそく参加報告です。

普段は静かな、夕暮れ時の森林公園にたくさんの人。

開園直後なら人も少ないだろうと、6時15分ごろに会場に到着したのですが、バンガローにはすでに長蛇(?)の列が。

DSC01570 (640x480)

あ、第一オグニー発見です。

020 (640x480)

さすが宇宙人、正体がわからないよう写真を撮るとぶれるようになっているようです!(え?)。

受付で森林公園探索マップをもらい、簡単なルールの説明を聞きます。あ、この辺は地球人協力者(?)が説明してくれました。オグニーは日本語がしゃべれませんでした。

DSC01562 (640x480)  DSC01563 (640x480)

DSC00176 (480x640)  DSC00177 (480x640)

なるほど、それでオグニーが森林公園に来たんですねぇ~。漫画になっていると何故か読みます。文字だけだったら絶対に読まない。。。よく考えてますね。

4つのバンガローを回りスタンプをもらったら最後に”マザーオグニーの館”に行く、という単純なルール。

まずはひとつめ、”タッチ・オグニー” 隙間から手を差し込むと握手してくれました。あ、もちろんスタンプも押してくれましたよ。

DSC00180 (640x480)

ところで、ここのオグニーはろくろ首風だったようです。写真を見てから気づきました。

2つ目はタマゴの巣あな。

DSC00187 (640x480)

どうやらオグニーはタマゴから生まれるようです。こんなにたくさんの卵のお世話は一人じゃ大変ですね。卵から出てきたオグニーはどんな姿なんでしょう?幼虫が出てきてそれから蛹になって・・・って感じなのでしょうか?

3つ目はダンシングオグニー

S__7569415 (640x640) DSC01578 (640x480)

ノリノリでオグニーが踊っていたのですが・・・・。踊っている写真は撮影困難だったのでポーズをとってもらいました。

最後はオグニーシアター

026 (640x480)

自分たちで映画を撮影したようです。ビデオはちょっと学校の怪談風でした。

感想を聞かせて!のメモを見たある男の子は・・「こんなのぜんぜんこわくねぇよ!」「・・・・」オグニーちょっとショックだったようです。

スタンプが四つ集まったのでマザーオグニーの館へ向かいます。

入り口に門番のオグニーがいて、スタンプが全部押してあるかをしっかりチェックしていました。

DSC00196 (640x474)

そしてなかに入るとオグニーマザーが優しいほほえみで迎えてくれます。

S__7569411 (481x640)

マザーの前にある二つの宝箱(すみません、写真に写ってないですね)のどちらかを選んであけ、その中から好きなプレゼントが選べるようになっていました。

001 (640x461)

缶バッジのほかにも他にポスターとかがあったようです。

これで終了となります。因みに、私が回り終えたのが7時48分。6時15分ごろに来たので1時間半かかったということですね。連れて行った6歳児は途中何度か「並ぶのに飽きたー」と言っていましたが、最後のマザーオグニーがかわいかったので満足したようです。

肝試しというほど怖くもなく、笑い転げるわけでもなかったので、「何がよかった?」と聞かれると答えに困るのですが、なぜかほんわかと楽しい気持ちになれるそんなイベントでした。あちらこちらにいたオグニーさん達のサービス精神のおかげでしょうか。

DSC00170 (640x480) 021 (640x480)

今度はいつ来てくれるのかなーと、つい期待してしまいます。

今回の企画、実行は長岡造形大学の長瀬研究室の皆さんが中心となって進めてくれました。準備に当日の対応、とても大変だったと思いますが、相応の手ごたえもあったのではないでしょうか?次の企画もお待ちしてます!お疲れ様でした。

報告者:廣橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加