長岡市小国地域の見どころ その4

長岡市小国町は、長岡市(トンネルはありませんが、ちょっと遠い)ではありますが、東の桜町トンネルをぬければ小千谷市へ、西の武石トンネルをぬければ柏崎市へ、南の大貝トンネルをぬければ十日町市へ行けるという便利と言えば便利、しかし、どこへ行くにも微妙に遠いというお土地柄。

今回は小国町の最南端に位置する大貝集落の見どころです。

〇 大貝トンネル手前から。のどかな田園風景です。

046 (640x480)

〇大貝神社 杉木立に囲まれてひっそりとたたずむ神社。手前の大きな杉は”大貝神社の杉”と言われていそうです。集落をずっと見守ってきたのでしょうね。高さは・・・想像にお任せします。

052 (640x408) 057 (480x640)

あ、遠くから見ればわかるかも、と思って写真を撮りました。

わかる方もいらっしゃると思いますが、木の先端(頭)が丸くなっている杉がそうです。「右側の杉の方が背が高いじゃない!」いえいえ、そこは山の斜面になっているので・・・木の大きさが全然伝えられていませんね、この写真も。迫力のある写真がいつか小国サテライトに届く日をお待ちしております。

大貝神社の杉は先端が枯れているのでかなり昔からここに立っているのだろうと思われます。これからもずっとこの地を見守り続けてくれることでしょう。

060 (640x553)

〇大三桶橋から渋海川上流を望む 四季折々の風景が楽しめそうです。

066 (640x480)

報告者 広橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加