サバイバルクッキング ~長岡市食生活改善推進協議会研修会~

6月2日(木)に「長岡市食生活改善推進協議会」の研修会で”サバイバル料理”を作るということで、ちょっとお邪魔させていただきました。

地震はもちろん豪雨や台風など、災害はいつ襲ってくるかわかりません。災害時はいつもと違う環境やストレスで体調を崩しやすくなっているので、災害時こそ食事が大切!ということで、災害時に役立つサバイバル料理を勉強してきました。

本日教えていただいたサバイバル料理は5品 ①ご飯 ②高野豆腐のスープカレー ③切り干し大根サラダ ④ポテトサラダ ⑤経口補水液 レシピはこちらです。

先ずは、食器の確保! 食器を使うと洗わなければなりませんよね、災害時に食器を洗う水はなかなか確保できないので、紙で器を作るところから始めました。

003 (640x480) 002 (640x480)

<ご飯の焚き方>

洗ったお米をポリ袋に入れてお米と同量の水を加え袋の空気を抜いて口を結ぶ → 鍋にお湯を沸かし、ポリ袋に入れたお米を入れ20分加熱、10分蒸らす → 完成!!

ポイントは、ポリ袋の口を結ぶときに袋の上の方で結ぶこと。下で結ぶと爆発してしまうそうです。

006 (640x480)

<高野豆腐のスープカレー>

一口大に切った材料をポリ袋に入れ、お鍋に沸かしたお湯に入れ加熱しただけ。高野豆腐は見た目がお肉のよう・・(食感はまるで違いますけど)。調味料はカレールウだけですが意外としっかりお味がついていました。これもGoodです。

<切り干し大根サラダ>

ポリ袋にわかめと大根そしてお水を入れてよく揉んで戻します。(10~15分程度)018 (640x480)

戻した水を捨ててあとはツナ缶、ポン酢と混ぜれば出来上がり

我が家ではいつも使い残してしまう切り干し大根。サバイバルではなくとも役立ちそうなメニューです。

<ポテトサラダ>

010 (640x480)材料は”じゃがりこ” これにお湯を入れてふやかし、サラミ、グリーンピースを入れて混ぜ混ぜ。最後はマヨネーズで味付けです。これはとってもおいしかったです。(^O^)

災害時には一押し!?ですが、材料を見ていただいても分かる通り、とっても高カロリーです。作るのは災害時やアウトドアクッキングの時だけにしておいた方がよさそうです。

<経口補水液>

これからの季節、脱水症状を起こした時にも良いそうですが、これも意外と高カロリーなので非常時に限ったほうがいいそうです。

最後は恒例、みんなで試食です。ご飯がどの班も美味しく炊けたこともあり、話も盛り上がっていました。

024 (640x480)

026 (640x480)

災害時はもとより子供や孫とのバーベキューやキャンプの時にも使えそう、集落の育成会のイベントでも・・・、ご飯は一人暮らしにはこれで十分、などいろんなアイディアが出ていました。

そうそう、最後になりましたが、このレシピを実行するには食材のほかに、カセットコンロ、鍋、ポリ袋、水が必要になってきます。災害時に備えてこのぐらいは準備しておかないといけませんね。

報告者 広橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加