夏休み こども環境探検隊!

7月27日(水)に長岡市の主催で”夏休みこども環境探検隊”が小国町の法末集落で行われました。今回は小学校4年生~6年生が対象ですが、29日(金)、30日(土)は1年生~3年生を対象に行われるそうです。各回とも定員は30名、今回の参加者はたくさんの応募者の中から抽選で選ばれた方たちだそうです。

ところで法末集落と言えば、昨年、環境省が選定した「生物多様性保全上重要な里地里山(全国で500か所)」として、長岡市内で唯一選ばれた場所。子供たちが自然環境を学ぶ・親しむにはもってこいの場所ですね。

残念なのはこの天気、朝から降ったりやんだりで、まずは、合羽を着て「法末自然の家やまびこ」を出発です。今回はここ数日の雨で足元が悪いことから、やまびこの裏手にあるキャンプ場からは2班に分かれて行動することになりました。

005 (640x481)009 (640x480)

私が同行した班は最初に遊歩道沿いにあるホタル池へ向かいました。この池にどんな生き物がいるのか自分で捕まえて観察してみよう、とのこと。012 (640x480)

タモを池に差し込んで・・・ちょっと泥をすくうぐらいに入れるのがポイントでしょうか?

020 (640x470) 025 (640x480)

みんないろんな生き物を見つけたようです。

050 (640x474) 049 (640x479)

さてさて、雨の心配もなくなったので合羽をぬいで次は植物観察です。この季節は花をつけている植物が少ないので、子供たちの関心を引き付けられるかは、先生の腕の見せ所。

今回は、山菜の王様ゼンマイの開いてしまった姿、春に素敵な花を見せてくれる水芭蕉のその後などちょっとマニア向け?の植物観察。

061 (640x480)

087 (640x517)

でも、ササユリ(その後、地元の方が調査したところ”ヤマユリ”とのことでした)の香りは素晴らしかったです。因みに、名前の由来は葉っぱが笹の葉に似ているからだそうです。

080 (640x480)

植物観察会の最後にはみんなで笹船を作りました。最近の子はあまりつくる機会が無いようで悪戦苦闘している子も。でも最後にはみんな上手に作れたようです。095 (640x480)

やまびこに戻ってからはみんなで、ホタル池で撮れた昆虫を中心に振り返り。みんなが捕まえた生き物もたくさんいましたが、先生が捕まえておいてくれた生き物にはびっくり!ゲンゴロウってこんなに大きいんですね。何とイモリ並み・・・(右はサンショウウオの幼生)。法末の里山の豊かさを実感できた午前中でした。108 (640x480)

111 (640x480)

午後からは、集落の人たちが先生となって弓矢作りにチャレンジしました。集落の方たちは子供のころはこれでよく遊んだそうです。・・・町中であそんだら間違いなく怒られますね。

弦を竹の端に結ぶロープワーク、先生はささっとやってしまうのですが、これはなかなか難しかったようです。

009 (640x480) H (17) (640x480)

最後は矢羽をつけて出来上がり。

H (18) (640x480)

的にむかって撃つべし!これもまた、現代っ子には難しかったのですが、コツをつかんでしまえばこっちのもの。面白くてしょうがない、といった様子で時間ぎりぎりまで遊んでいました。

H (23) (640x480)

今日のプログラムはここまで、みんな楽しんでくれたかな?今度は家族と一緒に遊びに来てくね!

<おまけ>

29日(土)には1~3年生(保護者同伴)を対象に同様のプログラムが行われました。この日はとってもいい天気。暑くてちょっと大変だったかな?

DSC01843 (640x480) DSC01856 (640x480)

高学年の子供たちにはちょどよく見えたタモも低学年のみんなが持つと大きくてちょっと大変そう。

DSC01906 (640x480) DSC01909 (640x480)

夏休みの宝物、見つかったかな?
DSC01922 (640x480)
DSC01912 (640x480)

(報告者 山田、廣橋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加