小国&おぐにマークをPRしてきました!

11月13日(日)この日は、武蔵野市(東京都)の「青空市」にお邪魔して”おぐにマーク”をPRしてきました。

武蔵野市は小国町の時代からの友好都市。そのご縁から小国に遊びに来ていただいたり、今回のような武蔵野市のお祭りに呼んでいただいたり、と言う関係が続いています。

この日はとってもいい天気。青空市は10時からの開会だったのですが、その前から新鮮な野菜を買い求めようという人の列ができていました。

P1010046 (640x480)

小国からは、JA柏崎、小国特産品加工、八石ヘルシー、新潟農産の皆さんが出展されていました。

IMG_4378 (640x480)

この人だかりは、小国の特産品”銀杏”が1枡分、100円で買えるコーナー。確かお昼前には品切れになっていたと思います。

とにかく、すごい人・人・人。あまり人ごみに来ることがないのでちょっと圧倒されてしまいました。それもそのはず、武蔵野市の交流都市は全部で9市町村。その他に武蔵野市の福祉団体や地元のJAさん達が出店されているのですからにぎわうはずです。そんな中でもわが小国町をはじめ、交流市町村のブースは、首長さんたちのご挨拶を兼ねた紹介もあり、大人気でした。

IMG_4403 (640x480)

小国からは長岡市小国支所の佐藤支所長が登壇、小国ブースの紹介もばっちりでした!因みに、カニの帽子(?)をかぶられてる方は鳥取県の岩美市長さん。。。。おぐりんのかぶりものを作らねば、、、でしょうか。

ところで、私たちは今日、長岡市小国地域をPRするために来たのです。気ぜわしそうな都会の人たちに勇気をもって声をかけねば!!です。

IMG_4383 (640x480)

ビニールバッグにLIMOの移住・定住パンフレット等を入れて「機会があったらぜひ小国にお越しください!」と声をかけながらお渡ししたのですが・・・

このバッグのデザイン、やはり大当たりです。もちろん、中には断られる方もいらっしゃいましたが、声をかけて、ビニールバッグのデザインをお見せすると、表情が和むのが分かります。

受け取っていただいた方の中には「小国には2回も行きましたよ。」とか「北陸新幹線の沿線になるんですか?」とか会話をしてくれる方もいらっしゃってとてもうれしかったです。

おぐにパッケージ検討委員の皆さん、最終的にデザインを担当してくれた白樫さん、本当にありがとうございました。やっぱりこのデザインには人を和ませる力があるようです。小国にもそんな力があるってことですよね、だって”小国”をイメージして作ったデザインなんですから!

報告者 山田、廣橋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加