田植えの季節

米どころの長岡市小国地域。この季節になるとあちらこちらで田植えツアーが開催されます。

5月13日(土)-14日(日)には、小国町時代からの姉妹都市である東京都武蔵野市から、14組27名の皆さんが田植えに来てくれました。

せっかく来てくれたのに、13日(土)はあいにくの天気。 DSC01080 (640x480)

それでも、そんなことはあんまり関係ないようです。途中でカニやカエルを捕まえてました。

DSC01088 (640x480) DSC01089 (520x640)

先ずは畔に並んで先生の説明を聞きます。DSC01093 (640x480)

恐る恐る田んぼに入って、田植え開始です!

DSC01097 (640x480) DSC01099 (640x480)

泥に足をとられながらも、みんな頑張ります。

DSC01113 (640x480)

DSC01122 (640x480) DSC01126 (640x480)

田植えといえばお約束。やっぱり泥んこになっちゃうんですよね。

DSC01147 (481x640)DSC01152 (640x480)

さて、泥を落としたところで、昭司じいちゃんが不思議な食べ物を出してくれました。

DSC01158 (640x480)

DSC01161 (640x480)

足湯(沸かし湯です)に浸かりながら、みんなでいただいたのは玄米を炒ってから粉にした玄米香煎。これに砂糖とお湯を入れて練り混ぜた物を、昔はおやつ代わりに食べていたそうです。砂糖の甘さとお米を炒った香ばしさが何とも言えません。

さて、”やまびこ”に戻ってからは竹とんぼづくり。まずは、材料作りからです。

竹を切って、割って、

DSC01171 (640x480)

DSC01178 (640x480)

穴をあけて、削って

DSC01183 (640x480)DSC01192 (480x640)

よ~し、飛んで行け!

DSC01199 (640x479)

DSC01198 (640x479)

翌、14日(日)はとってもいいお天気。子供たちは山へ山菜取りに行ったようです。

1泊2日、あいにくの天気ではありましたが、参加した親子の皆さんは小国の初夏を楽しんでくれたようです。

(報告者 広橋)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加