命を守るための行動

机に向かい、資料を調べ、体験を聞き…ここから学び気付いたことで、企画部メンバーは小国の防災を考えていきます。

7月13日(木)は地域貢献一日活動。午前中は、発災当時の小国地域を調べ、大橋昭司さん・鈴木洋子先生からのお話をふり返り、心に残ったことをキーワードとしてあげていきました。

004 (2)

みんなから良く意見が出て、か、書くのが間に合わない…

他人事だった地震が、自分事のように思えてきたでしょうか…?

009 (2)022 (2)

午後からは、地域の人にお話しを聞きます。当時、小国町役場で地域のために駆け回っていた田中一久さん・中島季男さん。今は中学生となった子どもさんのお母さん安澤真紀さんが、当時の様子をお話してくれました。

027 (2)

被害の状況を外に知らせることができなかったこと。小国では地域のまとまりがよかったこと。層によって被害に差がでたこと。地域の人同士、お母さん同士、協力し合い助け合ったこと…みなさん、大切なお話を大変ありがとうございました!

このような機会がもっと持てたらな!と感じています。企画部メンバー達は、当時中学生だった人に、お話を聞きたいと願っています。地域貢献活動の日程内でご都合のよろしい方は、ぜひ!小国サテライトまでご連絡ください!!

013 (2)

お・ま・け~夏休みに入るので、サテライトからもメンバーに宿題!(^^)!が出ています。興味のある方はサテライトまでお声かけください♪

                   (山田・廣橋・佐々木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加