山とヨガとピラティスと Ver01

7月29日(土)~30日(日)に、長岡市小国町の法末集落で「山とヨガとピラティスとVer01」と題して、都市部のヨガ、ピラティス愛好者の方たちをターゲットに合宿形式のツアーがYYPネットワークの主催で行われました。

今回、東京からはるばるインストラクターとして来てくれた小林理香先生、齋藤己枝子先生、吉倉あい先生、そして参加者として来てくれた倉本理差子先生は、全国的な課題となっている過疎地域の活性化にピラティスや、ヨガを役立てることはできないかという思いもあり、このイベントに協力してくれたとのこと。ありがたい限りです。

一方、会場となる法末は豊かな自然、宿泊施設やまびこ、人情に篤い人たちと何かとそろってはいるものの、やまびこの体育館を使っての合宿は初めて。エアコン設備の整った都会のスタジオとはあまりにも違うやまびこの体育館。参加者に受け入れてもらえるのか不安でいっぱいでした。

が、今回の参加者の方たちには、インストラクターの方たちのお知り合いも多かったためか、和気あいあいとなんだかいい雰囲気です。

DSC00289 (640x480)

午後三時からは、いよいよ体育館を使用してのレッスン。

DSC00295 (640x480) DSC00310 (640x480)

今回はツアー合宿だけでなく、地域の方たちにもスポット的にレッスンに参加していただき、日頃の健康づくりに役立ててもらおう、という狙いもあったため、体育館は満員(?)状態。体育館にはエアコン設備がないのでちょっと暑いのです。晴れてなくてよかったぁ。

さて、レッスン終了後、参加者の皆さんははお部屋でのんびりされるのかと思いましたが、とってもアクティブ。集落散策(案内人あり)に出かけたり、ランニング(ついていけないので案内人なし)に行ったり。

DSC00317 (640x480)

レッスンに散策、ランニングの甲斐あって、夜ご飯も一層美味しく食べられたのではないでしょうか。DSC00324 (640x480)

夜8時から行われたウェルカムパーティーには、集落の方たちも参加してくれました。そして、9時からは”体の内側をゆるめる”レッスン、レッスン終了後も日付が変わるまで懇親会が続いたとか。

DSC00343 (640x480)

さて、日付が変わって31日(日)。この日は朝からスタッフの方がわかしてくれた足湯”赤渋の湯”でくつろぎ、朝食後に午前のレッスン、その後は集落の方のお庭にお邪魔してリフレッシュ、お昼を食べて、14時からは今回最後のレッスン。

足湯1 (640x480)

DSC00345 (640x480)

正人さんちのお庭 (640x360)

ラストレッスン (640x360)

何だか書いているだけで忙しいかったなぁ、と思うこのツアー。「疲れてませんか?」、「大丈夫ですか?」と見ているこちらが心配になるほど、皆さんアクティブに楽しんでいらっしゃいました。そして、ちょっと荷物になるかな、と思った法末の棚田米も「生産者の顔が見える」と大好評、ほっと一安心でした。

 現在、東京では神宮球場などで大規模なヨガやピラティスの教室が開催されるほどのブーム。今回のツアー参加者からは、秋や冬、定期的に今回のようなツアーを開催して欲しいとの要望もいただきました。今回のような取り組みで参加者はもちろん、地域が少しずつ元気になってくれればいいと思います。

そうそう、今回は長岡市内外から様々な世代の方が、スポット参加してくれました。その中には地域でヨガの集いを開催している方も!いいつながりができたと思います。

  今回初の試みで、何かと至らないところが多かったと思いますが、参加者の皆様のお手伝い、ご協力のお蔭でどうにか乗り切ることができました。皆さん、法末はいかがでしたか?また、機会があれば是非遊びに来てくださいね。
帰りのバス (480x640)
(報告者:廣橋)
よろそければ、今回のツアーを主催したYYPのFBページに いいね をおねがいします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加