越後カントリートレイル2018 八石山頂で待ってます!

小国に住む人にとって、八石山はいつもそばにあるもの。小学校・中学校の校歌にも謳われています。そんな八石山の標高は518m、ロープで登らねばならないほどの急斜面も待っています。

そこを走って駆け抜けていこうとは!そして、そんなランナーたちに命の水を届けようとは…!!

準備① (2)

53kmコースで公の秘密にもなっている私設エイドが、八石山の頂上にあります。ここは『長岡雑走団』+『小国中学校』がタッグを組んで、ランナーに声援と飲み物を届けています。

山頂の様子⑤ (2)

山頂の様子38 (2)

「コース最大の難所で登頂を果たしたランナーにキンキンに冷えた水を提供したい!!」

山頂の様子25 (3)

この熱い思いを胸に、4日間かけて運んだ時水(第2エイド)の名水は約60リットル(ペットボトル2リットル×30本分)。当日生徒20名が、それぞれにペットボトルと板氷を背負い、総給水量は約90リットル+板氷20枚になりました。

1

山頂の様子⑰ (2)

昨年は水が足りず、今年こそは全員に飲んでもらいたいとコツコツ運び上げた命の水…ランナーの笑顔を見れば、どんなにおいしかったことかわかります。板氷で冷やした、しゃっこい(冷たい)飲み物がランナーの身体に染み渡ったことでしょうね!

山頂の様子34 (2)

山頂の様子⑥ (2)

人がいない所でも、この応援POPが励ましてくれたことと思います。

準備② (2)

準備③ (3)

そして今年は、『八石山登頂記念』看板も作成、中学生がスマホ撮影隊になり、ランナーのみなさんの写真を撮りまくり。みなさんのスマホにも、八石山の思い出が残っていますか?

山頂の様子26 (2)

山頂の様子31 (3)

山頂の様子35 (2)

53kmコースで最大の難関、八石山。けれど頂上には、誰よりも熱くランナーを応援したい『小国中学校with長岡雑走団応援隊』が待っています。来年もまたここでお会いしましょう!

山頂の様子⑫ (2)

山頂の様子33 (2)

山頂の様子23 (2)

(こちらの写真・記事は、長岡雑走団:岡村さんの絶大なご協力のもと、お届けしました)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加