あかいっこカンパニーがやってきた!②

小国でワークショップを楽しんだあとは、『あかいっこカンパニーとの夜の交流会』の始まりです!『夜の交流会』…なんだか怪しい名前ですが、ざっくばらんに、「子どもも大人も、もっと仲良くなっちゃおう!」という会です。

147 (2)

交流会の会場は、川口”古民家”。趣のある、すてきなたたずまいの建物です。ここで、あかいっこさんを、長岡ならではのご馳走でおもてなしします。こちらはその場で焼いてもらった<川口のアユ>。あつあつを召し上がれ♪

129 (2)

その他にも、<栃尾の油揚げ><山古志の神楽なんばん>そして<小国の新米>と<八石ナスの黄金漬>などなど…がお目見え。実はこの日の朝、<宮城のサンマ>も届き、会場は食の交流会のよう!なごやかに、にぎやかに、会が進んでいきます。

138 (2)

150 (2)

177 (2)

古民家の一角では、子ども達の<小国和紙の灯り作り>も始まりました。小国和紙は、雪深い小国の伝統工芸。一緒に作ることで、またいっそう仲が良くなっていくようです。「子どものパワーはすごいね、すぐに仲良くなっちゃうんだね!」と周りの大人も驚くほどです。

155 (2)

191 (2)

205 (2)

おなかも心もいっぱいになったかな?

200 (2)

あっという間に楽しい時間も過ぎ、そろそろおひらきの時間です。子ども達は別れがたいようで、ハグしたりツーショットで写真を撮ったりしていました。

176 (2)

252 (2)

生まれも育ちも様々な子ども達が、出会い、話し合い、笑い合い、いろいろなことに気付く機会は、とても大切なことだと思います。子ども達にそんな経験をたくさんしてほしい、そのための応援を、これからも続けていきたいと思っています。

(報告者  山田・佐々木)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加