東日本の今を一緒に訪ねてみませんか?

東日本大震災が起こったのは、平成23年3月11日。前回ブログ記事でご紹介した『あかいっこカンパニー』の最年少(小学5年生)は、当時3歳だったそうです。まだ震災の爪痕が残っている中、子ども達の間では、震災の記憶が風化して来ている…と、周りの大人達は感じています。

私達が中越大震災に見舞われたのは、平成16年10月23日。今、小国の子ども達は、地震が起こったことも記憶にありません。もし大きな地震が起こったら、子ども達は自分の命を守ることができるのか…。

中越大震災を知らない子ども達と、中越大震災を経験した地域の皆さんで、「東日本の今」を一緒に訪ね、小国の将来を考えてみたい…そんな『東日本被災地視察交流会』を今年も企画しました。

日時は平成30年11月23日(祝・金)~24日(土)、子ども達と一緒に、東日本の今を訪ねてみませんか…?

PDF版は、こちらからどうぞ。

交流会1 (1414x2000)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加