猿倉岳のカヤ小屋

先日、猿倉緑の森の会による猿倉岳頂上付近広場にてカヤ小屋作りと環境整備活動が行われました。

今回は、以前トレッキングイベントに参加された方が数名、作業ボランティアとして参加されました。

この広場の一角ではブナの苗木を育てていて、秋にはトレッキングイベントで皆さんの昼食会場にも使われます。

P6070446

P6070444

一枚目の写真手前は、ブナの苗木の支柱を補修し下草刈りをしているところです。

辺りはまさにタニウツギが花盛りでとても綺麗なのですが、風に飛ばされてきた種があちこちで芽を出し、根っこまで抜くのはなかなか大変な作業です。(小さくても樹木ですから)

今回のメイン作業はカヤ小屋作りです。

木を切り出して骨組みを作り、昨年10月に刈り取って十分に乾燥させたカヤを骨組みに紐と縄で縫うようにして貼りつけます。

P6070450

P6070456

P6070470

そもそもカヤ小屋は昔、農作業の時などの簡単な休憩場所として使われていたそうで昔はあちこちで見かけたとの事です。

(暑い日差しを避け涼みに来るのは人間だけではなくて、ヘビや動物も涼みに来るとか・・・)

P6070473

P6070475

最後に丸太の切り株を設置して完成!!

皆さん、猿倉岳へお越しの際はどうぞご自由にお入りください。

記:風間

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加