太田小学校の田植え

5月24日に太田小学校の学校田の田植えが行われました。

太田小学校では毎年、住民の方が先生となって田んぼや畑を教えています。

田植えワクを転がして田植えの準備から。

みんな裸足になって田んぼの中に入り、田植えが始まりました。

去年も経験している子は、手慣れた様子で、どんどん植えていきます。

その後を、住民の方や先生が追いかけていきました。

田植えが終わると恒例の田んぼ飛び込み。

脚立で台を作って田んぼにジャンプ。

泥だらけになりながら、みんな楽しんでいました。

近くに流れる小川で手足の泥を洗い流して一休みする姿も。

ここで育てたお米は秋に太田住民にふるまわれます。

そして、午後からは資源回収。

太田小中学校の子どもたちが地区の中をまわって新聞紙や空き瓶を集めてまわります。

住民のほとんどが高齢者の太田地区に子どもの走りまわる普段と違った風景です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ