ちまきづくり研修会

613

72日の食事サービスでは、七夕に合わせてちまきを提供する予定です。

研修会では、笹の葉にお米を詰め込み、いわずけ(稲の紐)で巻いていく作業を覚えました。

・水に浸したもち米

・茹でた笹の葉

・いわずけ(イネ科の植物)

作業風景

なかなか「巻く」という作業が難しいんですよ。

巻いてみた。まだまだいびつな形ですね。。。

10個単位で、束にしていきます。

水をはった鍋で40分間煮ていきます。

完成!!

笹団子や三角ちまきは、新潟県の伝統食であります。

笹にくるむことによって、殺菌効果や防腐性を高めることが出来るので、保存食として重宝されてきた歴史があります。

今日も、作りながら昔の話で盛り上がりました。

次回までに、しっかりと覚えておきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ