軽井沢集落_サイノカミと雪上運動会

2月9日に、栃尾地域 西谷 荷頃地区 軽井沢集落でサイノカミと雪上運動会が開催されました。

集落住民、集落出身者、近隣の一之貝集落、比礼集落の子どもたちとその親が参加する他、一之貝を訪れている首都圏の学生も参加し、27世帯の小さな集落が活気に包まれました。

サイノカミ・雪上運動会は、旧一之貝小学校軽井沢分校の先生が始めたもので、今回でなんと38回目。学校の閉校でやめようかとも思ったそうですが、集落の人たちが一同に会してみんなで笑い合えるこの行事は「ムラの宝」と、学校から集落へ引き継がれてきました。

中越大震災、7月末の水害で大きな被害を受け、この10年でおよそ半数の世帯数になってしまった軽井沢集落。集落を取り巻く状況は厳しい。飲みながらも、これから先の集落について熱く語り合う姿もちらほら。

みんなで笑い合える集落であり続けたい。そんな想いが見え隠れする素晴らしい行事でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ