1年間のとちお生活スタート

今年度、「にいがたイナカレッジ」が実施するインターンから、2人のインターン生が栃尾に来てくれました!

まず1人目は、

合同会社とちパル、(有)杜々、(農)越後田舎の親類村

この3社が受け入れ団体となり1年間活動していく、松岡さん

栃尾に来る前は、京都に住んでいました

1年間を通して、今後の活動に向けて地域を知り、つながりをつくるためこのインターンに参加しました

この写真は長岡に来た初日の様子

インターンへの期待と荷物もいっぱいに詰め込んで、栃尾へ向かいましたー

DSC_3694

 

こちらは研修初日の様子

菜っ葉、レタスの収穫や、苗づくりをしているハウスの見学などから初日が始まりました

DSC_3752 DSC_3761   DSC_3800

 

2人目が、

(農)下塩農産、(株)越銘醸

この2社で酒米作り~酒造りを学ぶ、水野さん

栃尾に来るまでは、なんとドイツに住んでいたのですが、

「おいしい日本酒を海外でも気軽に手にしてもらえるようになってほしい」という思いから、

「ヨーロッパに小さな酒蔵を作る」という夢への第一歩としてこのインターンに参加しました

 

P1280830

 

 

こちらは研修初日の様子

苗箱の運び出しや、水やりなど、田植え時期の真っただ中なので、忙しい初日になりました

P1280590 P1280534

この2人が1年間栃尾に住み、活動していく中で、何を感じ、何を得るのか

研修先、地域にどんな変化が起こるのか

これからが楽しみです

記:今井

  • このエントリーをはてなブックマークに追加