土ケ谷集落賽の神

2月27日(土)土ケ谷集落で賽の神が行われました。

こちらの集落で賽の神が行われるのは、10数年ぶりのこととなります。

集落に住む若手も減り、子供がいなくなってしまいやらなくなりました。

しかし、福ろう会で皆さんの話を聞いていると、賽の神をしてほしいという声が多く聞こえたので、集落の方に相談して復活させることにしました。

当日は私も準備から参加してきました。

前日それなりの降雪があり、開催できるのか?と心配していましたが、当日は晴天となり設営もはかどりました。

骨組み作りやトバカキ(縄に藁を固定していく作業)など初めて賽の神を作ったので、新鮮な体験が出来ました。

IMG_2140   IMG_2151

賽の神に火をつける前に、

餅つきや

IMG_2163

甘酒、豚汁などが振る舞われました

IMG_2184

火を付ける前に集合写真

IMG_2192

点火

とてもきれいに燃え上がりました

IMG_2220

集落の方はもちろん、出身者の方も子供を連れて参加してくれました。

規模は大きくありませんが、自発的にみんなが関わってくれる、表現おかしいかもしれませんがとてもアットホームな賽の神になりました。

やらなくなってしまったことを改めてやるのは、「この歳になっても、まだやれる」みたいな集落の人たちの自信に繋がるような気がします。

今年は豊作かな。

記:今井

  • このエントリーをはてなブックマークに追加