天までとどけ!~賽の神~

更新がおくれておりました(;一_一)申し訳ありません(@_@;)!!

ここ、豪雪地帯の山古志は『冬=冬眠』に近い感覚をもっています((+_+))

(冬眠といえども、何もしないわけではありませんよ!!)

もうすぐやっていくる『芽吹きの春』に備えて、着々と準備をしながらも。。。

冬ならではのさまざまな行事がおこなわれています。

昨年もこのブログでお伝えした、山古志地域各集落の「賽の神」の様子をご覧ください!

e7a8ae

 

【縄ないの様子】

e6b1a0e8b0b7-017 e6b1a0e8b0b7-009

よいしょ、よいしょっ!!

力をこめてしっかりと綯います!

e6b1a0e8b0b7-034

じゃ~ん!!できあがり★

 

【賽の神の様子】

 

e99693 e6a182e6b1a0e8b0b7-020

e6a2b6e98791 e5b1b1e7abb9 e899abe6a5a2e69ca8-011 e69ca8 

e69ca8e38282e381a1e381a4e3818d e899abe38393e383b3e382b4e7a8aee38388e383b3e6b181 e5b08f

集落によって、びみょ~~に形が違います。これも各集落に受け継がれている伝統文化です。

家族や地域の無病息災を祈っておこなわれる「賽の神」は、1月15日の小正月にあわせておこなわれてましたが。。。

15日が平日となる年もあり、現在では15日前後の土日におこなわれることも多くなりました。

日時は変わろうとも、離れて暮らしている『子供』や『孫』のお披露目の機会になったり、

集落の住民や親せきが一同にあつまる姿は昔と変わりませんね。

 

さて、各集落の「賽の神」の様子をご覧いただきましたが!!

3月には、山古志の夢!「日本一の賽の神」、『古志の火まつり』が山古志地域にておこなわれます!!

ぜひ日本最大の賽の神を見にいらしてください!

e4bd9ce6a5ad-233

日時:3月7日(日) 

会場:四季の里古志(種苧原集落)

【お問い合わせ】

古志の火まつり実行委員会 ℡0258-59-2343

※風邪をひかぬよう、しっかりと防寒対策をしてきてください((+_+))!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ