いよいよ白銀の世界へ・・・

e99baae291a2-002

一瞬にして、雪景色になってしまいました・・・。16日、朝の山古志です!!

当り前の風物詩とはいえ、昨日の一日中降り続いた自然の力に抵抗もできず、帰りの山道は慎重に・・・慎重に・・・帰りました。疲れたぁ~~(>_<)

e99baae291a1-002

e99baae291a2-0041

こうやって見ると、やっぱり『山古志の雪景色ってきれいだなぁ・・・』なんて

毎年見ていながらも感じる水墨画のような日本の原風景です!!

ところが、一歩裏へまわると・・・

e99baa-003 

e99baa-012 e99baa-011

ここでは、積雪を測る棒が立っていて、さっそく今日から測量開始です。

多いときには3mから4mにもなる雪を待ち望んでいる、山古志唯一のスキー場

『古志高原スキー場』も12月下旬頃にはオープンする予定です(*^_^*)☄

通勤には少雪であってほしいと願うのですが、雪が無ければ困る人もいるんだよね・・・

春の田植えに必要な山からの水も不足するし・・・『山の生活』には、それなりに自然とうまく

向き合って暮らす知恵を持ってないと無理なのかなぁ~~~(@_@;)

e99baa-010

こんな雪道を、山古志のじぃちゃん、ばぁちゃんを乗せたマイクロバスがやって来ました。

定期的におこなっている『にこにこ会』の日です!

e99baae291a1-001

閉じこもりな高齢者を少しでもなくすための、行政が進めている福祉事業で、

今回は今年最後で「クリスマス会」を開いていました☆彡

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

e381abe38193e381abe38193-001 e381abe38193e381abe38193-002

自分の分は自分で・・・おいしそうなケーキの盛りつけが出来上がり!!

 

冬本番の山古志を迎えました。

半年間は雪で閉ざされて自由のきかなくなる高齢者には、見守りや話し相手などが

最も大切な支援と考えています。

高齢者が『安心して暮らせる山古志』を創りあげるには、行政や社協との連携、

さらには住民の生の声を吸い上げることが重要な課題となるでしょう

『安心』へ一歩でも近づけるように、今後も活動して行きたいと思います。

p1100001

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ