阪神・淡路大震災より16年

1

阪神・淡路大震災より『16年』を迎えた1月17日。

今年も、神戸市長田区日吉町の鷹取商店街と、御蔵地区の追悼行事に参列させていただきました。

全国的に天候が荒れ、神戸市内でも雪がちらついたほど冷え込んだなか、

多くの住民の方が参列していました。

なかには、写真を大事に胸に抱いて参加している方もおり。。。

16年という月日が過ぎてもなお、震災は終わっていないと感じました。

2

 

 

そして今年は、すこし足をのばして

淡路島旧北淡町にある『北淡震災記念公園』へ行ってきました。

e585ace59c92efbc91

北淡震災記念公園は、阪神・淡路大震災によってあらわれた「野島断層」を

保存する「野島断層保存館」を中心に整備された公園で、

震災当時の写真パネルの展示や、震度7の揺れを体験する「震災体験館」など

があり、震災の教訓を語り継ぐ施設となっています。 

 

【野島断層保存館】

e585ace59c92efbc91-3

 

【エントランスホール】

e585ace59c92efbc91-1

e585ace59c92efbc91-2

 

また、活断層の真横でも倒壊しなかった家を「メモリアルハウス」として保存し、

再現された当時の台所も展示されていました。

毎週火曜日には、「震災の語りべ」として、住民の方が体験談を語り伝えているそうです。

 

【メモリアルハウス】

e585ace59c92efbc91-6

 この公園は、震災の教訓を伝えるだけではなく防災の拠点でもあり、

住民同志のコミュニケーションや産業振興などの『まちづくり』の拠点でもあります。

 

旧北淡町は、山古志と似た部分も多く、行方不明者の捜索や亡くなった方の少なさなど、改めて

人と人との繋がりや近所付き合いという地域コミュニティの大切さを感じました。

 

山古志だからこそ伝えていかなければならない事

守っていかなければならないこと

 

しっかり胸に刻みながら、進んでいかなければ。。。と感じた今回の訪問でした。

 

 

 

 

~~~~つなごう 山古志の心~~~~

ご存じの方もいるかもしれませんが。。。

なんと、施設内には『山古志の池』が造られていました!

昨年寄贈した山古志の錦鯉が、元気よく池の中を泳いでいました。

e9af89e79c8be69dbf

e9af89

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. dontakosu より:

    これからも、山古志の住民のみなさんの笑顔の為に頑張ってください

  2. サテライトスタッフ より:

    dontakosuさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
    微力ですが、山古志のために力を尽くしていきます!!
    立春を迎えましたが、本日も山古志では雪が降っています(@_@;)
    まだまだ朝晩は冷え込みますのでお風邪などひかぬよう、どうぞご自愛ください。

コメントをどうぞ