~つなごう山古志のこころ展~ ご来場ありがとうございました!

震災5周年・・・全国のみなさまからの温かいご支援をいただき、山古志は元気を取り戻しました。そして今まで以上の山古志地域を目指す挑戦』言葉に踏み出そうとしています。

山古志の心と美しい自然・景観を未来の子どもたちに伝えていくこと・・・。それが私たちの願いです。

そんな気持ちを感謝とともに全国のみなさまにお伝えし、ぜひ遊びに来ていただきたいという思いで企画いたしました。

e4bd9ce6a5ad-183e7b8aee291a01
10月1日より開催し11月3日で終了の予定だった~つなごう山古志のこころ展~ですが、ご来場のみなさまからの声で20日間延長させていただき、11月23日をもって終了となりました。

山古志会館を入ると1階のホールでは、《被災状況パネル》を展示し、各集落の崩落状況を見ていただきました。
pa300017e7b8aee291a2
状況を初めてご覧いただくかたも多く、さまざまな質問やその後の状況などを熱心に聞いてくださるかたもいらっしゃいました。

続いて茶坊主に入ると、《山古志5年間の記録・震災~復興までのDVD》が流れています。
pa300006e7b8aee291a1
(ここだけの話ですが・・・このDVDはスタッフが製作したもので、なかなか評判がいいんですよ(^O^)/)

そして、壁一面には山古志をこよなく愛した中條均紀さんによる、震災前の美しい《山古志写真パネル》が並べられました。
その横では、第二のふるさとでもあり3年間お世話になった《仮設の想い出》パネルを展示しました。
pa300025e7b8aee291a3

2階までの階段には、《被災状況パネル》の倒壊現場の様子を見ていただきながら、次に全国からの温かいメッセージや励ましの寄せ書きなど、ほんの一部ですがご覧いただけるコーナーを儲けました。

pa300043e7b8aee291a4

さて、2階フロアには仮設の大みそかにたたいた《ドラム缶の除夜の鐘》や、地震時刻の5:56で止まった時計、原形をとどめない日用品や電化製品などの《アーカイブス》を展示し、どれほどの大きな地震だったかを見て確認していただけたかと思います。

e4bd9ce6a5ad-179e7b8aee291a6

そのほかには、虫亀集落出身のヘアーデザイナー(世界理容選手権大会チャンピオン受賞)の田中トシオさんからいただいた《書の作品》の展示、そして帰村してからの復興イベントや行事、各集落の催し物など元気になった《山古志の姿》をご覧いただきました。

pa300045e7b8aee291a5

pa300046e7b8aee291a7

2ヶ月弱の開催でしたが県内、県外、さらに海外からの視察や来訪者の方々にお越しいただき、来場者数が約5,000人という大きな成果をいただきました。

pa300013e7b8aee291a81

中越大震災から5年、そして帰村して2年という流れのなかで、私たちはたくさんのかたに支援していただき、多くのかたと巡り合い、人と人との絆の大切さを学びました。

そして、大自然の恩恵を受け、今の生活があるのです。

これから山古志で伝え続けなければならないこと・・・。

それは、今の子供たちそして未来の子供たちへ、この大自然や伝統、文化、産業、さらに住民同士の助け合いのこころ・・・

忘れてはならない人間本来の自然な生活のあり方です。

                  ~つなごう山古志のこころ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ